ワンルームダイレクト では、【ワンルームマンション】不動産の直販販売会社だから実現できる都心一等地・高収益物件取扱い中!

ワンルームマンション投資に向いている都心5区とは?

不動産投資を行うときには、エリア選びが大変重要です。そのため最近では東京23区内でのワンルームマンション投資が人気になっています。

また東京23区内でも、特に都心5区と言われるエリアは人口が多く、オフィスやビジネス街、繁華街が広がるエリアとして、安定した需要と人気があります。

では東京23区内でも人気の都心5区とは一体どこになるのかを、ここでは見ていきましょう。

 

都心3区といえば中央区・千代田区・港区

23区内で最も地価が高いのは中央区・千代田区・港区の三つです。これらの3区は都心3区とも呼ばれます。

千代田区には皇居や各省庁がありますし、港区には多くのタワーマンションソや六本木、麻布などの繁華街があります。そして中央区には、日本を代表する繁華街である銀座があります。

日本の中でも特に行政面、文化面でも重要な位置を占めるエリアとして、この都心3区の重淀は非常に高いものがあります。

それだけに賃貸物件の需要も高く、ワンルームマンション投資を安心して行うことができるのです。 また近年は人口も顕著に増加しています。

 

5区のうち残りの2区は新宿区と渋谷区

都心5区のうち残りの2区は新宿と渋谷区です。

中央区・千代田区・港区は、一定の収入がある層や、ビジネスマン、中高年以上の人にとって重要度が高いエリアですが、新宿区や渋谷区は若年層も多く利用するエリアです。

新宿と渋谷区には新宿駅と渋谷駅がそれぞれあり、この二つの駅は日本で最も利用者数の多い駅の1位と2位に付けています。

新宿区には東京都庁など、都の行政の中心的な役割も担っていますし、オフィスビルも多く建っています。渋谷区は駅前の開発が進み、若者文化の中心地と知られています。この2区も非常に大きな存在感を持つ区です。

それゆえに新宿と渋谷区の賃貸物件需要も絶えることがなく、今後もその需要は長く続いていくでしょう。

 

文京区を加えて都心6区と呼ぶことも

ここまで挙げてきた、千代田区・中央区・港区。そして新宿区・渋谷区に文京区を加えて、都心6区と呼ぶこともあります。

文京区には東京大学など数々の大学や学校があり、日本屈指の文教地区としても知られています。

子供を良い学校に買わせたい富裕層が、文京区に家を構えることも多いです。

また文京区は山手線内部に区全体が含まれており、区を横断するように、JR中央線が走っています。まさに東京都の中心といえる立地です。

そういった立地の良さも有り、23区でも人気が高い区の一つに数えられています。

 

ランワンルームマンション投資をするときは、これらの6区にある物件を選んでおけば、資産価値の減少や空室リスクに悩む必要はなくなるでしょう。